マンション売約でを高い査定額で売るために必要な事前準備

MENU

ライバル物件に価格で負けている

 

マンションを売りに出してしばらく経ったけれど、なかなか問い合わせが無い・・・。


このような場合には、マンションが売れない原因を解明して、その原因を無くすための対策をする必要があります。
売りに出して1週間程度ならまだしも、2~3週間経っている場合には値下げも視野に入れて考えなければならないでしょう。

 

マンション売却,査定,ライバル物件

その理由は、不動産の登録システムにあります。
不動産屋と契約を結ぶと、不動産屋はレインズに売却物件としてマンションの登録をします。
これは以下のように定められています。

  • 専任媒介契約の場合・・・契約した日から7営業日以内
  • 専属専任媒介契約の場合・・・契約した日から5営業日

 

レインズへの登録が済むと、その1~2日後には「新着物件情報」としてあなたのマンションが全国の不動産屋に紹介されます。紹介できる物件を少しでも増やすために、どの不動産屋もこの「新着物件情報」を毎日しっかりとチェックしています。

物件の問い合わせがあったかどうか聞いてみる

もし問い合わせや内覧の希望があった場合、そのマンションを扱う不動産屋に問い合わせが入ります。
マンションが紹介可能であれば詳しい資料を取り寄せて、お客さんへ紹介(内覧)という流れになります。

 

このような内覧の問い合わせがなかなか無い場合には、不動産屋に「マンションへの問い合わせがあったか」を聞いてみてください。基本的に不動産屋は、買い手が希望する購入価格と多少違っていても、地域・間取りさえ条件に合っていれば、とりあえず紹介してみるという場合が多いです。

 

つまり金額の問題で内覧までは至らなかったとしても、問い合わせがあった時点でマンション自体には需要があるということなのです。そのような場合には、値下げを視野に入れて、今後のスタイルを決めていきましょう。

ライバル物件に価格で負けている記事一覧