マンション売却において重要な「内覧」。成功させるために重要なこととは?

MENU

マンションの内覧を成功させるためには

売りに出したマンションの内覧に来てくれるということは、あなたのマンションに対してかなり興味があるといえます。
この内覧が成功するか失敗するかで、購入するか否かが決まると言っても過言ではないでしょう。

 

それほど内覧はマンション売却において重要なものです。
沢山あるマンションの中からあなたのマンションを選んで内覧に来ていただいた、ということに感謝してお迎えしましょう。内覧において、お客さんに好印象を与える5つのポイントを紹介していきます。

 

窓を開ける

マンション売却,内覧

窓を開けるだけで、長年住んでいることによって発生する匂いやホコリなどを飛ばすことができます。
春から秋にかけては風通しの良さをアピールすることもできるでしょう。
もちろん冬の寒い日や雨が降っている日などには窓は閉めておいたほうが良いですが、そうでない日にはできる限り開けるようにしましょう。

 

スリッパを用意する

マンション売却,内覧

普段、家ではスリッパを履かないという方もいるかもしれませんが、内覧に来るお客さんもそうとは限りません。
基本的にはスリッパを用意しておいた方が良いでしょう。

 

電気を付ける

マンション売却,内覧

朝や昼であっても電気は付けておきましょう。
日光で十分に明るかったとしても、電気の明かりを足すことで更に部屋が良い雰囲気に感じられます。
最近は間接照明などを使用した落ち着いた感じの部屋も流行っていますが、そのような演出は内覧の際には避けましょう。

 

迎えるのは1人で

マンション売却,内覧

住んでいる家族全員で賑やかに内覧者を迎えるのも悪くはありませんが、基本的に内覧者は落ち着いた空気の中でゆっくり部屋を見たいと思うものです。迎えるのは売却側の代表者1人にしておきましょう。

 

内覧者と話す

マンション売却,内覧

内覧に来てくれた人との会話はとても大切です。
こちらから明るく話しかけることで安心してもらうことができ、質問なども気軽にすることが出来ます。
これは内覧者にとってはとても有り難いことです。
とは言っても「絶対に売ってやる」というような欲望がにじみ出ているようではあまり良い会話とは言えません。
あくまで家のアピールポイントを軽く説明しながら、「気に入ってもらえたら嬉しいです」というスタンスを崩さないように会話をしましょう。
大切なのはガチガチに固めた「ビジネスライクなトーク」ではなく、あなたのいつもの自然体な雰囲気です。

マンションの内覧を成功させるためには記事一覧