クエン酸の効果の中には、活動に必要なエネルギーに、脂肪や乳酸を分解して変換するというものがあります。この分解作用はクエン酸サイクルと呼ばれており、発表したのがイギリスの研究者です。 梅干しやレモンなどにたくさん含まれてい …